しわ対策エイジングケア

エイジングケアはいつから始めるべき?

しわ対策,エイジングケア,効果的,有効成分,化粧品,選び方

 

エイジングケアを始めるべき年齢は、人によって異なります。メイクや化粧を始める年齢は人によってまちまちで、早い人では小学生からメイクを始める人もいます。しかし早い年齢からメイクを始めると、老化を早めると言われていてお勧め出来ないです。

 

しかしいつまでもノーメイクでいる事は出来ず、紫外線や日焼けもアンチエイジングの敵になります。特に外に出る運動部に所属している人はUVカットをしてこなかった人の場合は隠れジミが出来ている可能性があります。

 

育ってきた環境によって、エイジングケアを何歳から始めるのかは異なります。人によってコラーゲンが減ってくる年齢も異なり、20代後半からエイジングケアを始めるのが良いと思います。もちろんエイジングサインが出てきてから始めるのも良いが、医学的に考えると年齢を重ねると人はどんどん老けていきます。

 

それを止めるのが、エイジングケアになります。早く始める事で、若々しさを保てます。歳を取ったと感じたり見た目がおばさんに近づいたと感じる要因は、エイジングサインです。主な症状は化粧ノリが気になったり、肌の乾燥が気になったり、縦長に伸びた毛穴が目立ったり、目元や口元に小じわが多くなったりしてきたらエイジングケアを始めるタイミングだと言えます。

しわ対策の有効成分

しわ対策,エイジングケア,効果的,有効成分,化粧品,選び方

 

シワ対策のための有効成分は、ビタミンC誘導体です。シワの対策に最も有効的で、ビタミンC誘導体は体内に入るとビタミンCに変換される性質を持っています。シワの原因であるコラーゲンに働きかけて、シワの基を改善していきます。

 

ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性と親溶性に分かれます。どの成分であってもビタミンCを肌に吸収しやすいように改良しているので、肌に浸透すると体内でビタミンCに変換されるのが特徴です。美肌効果もあり控えめであるが、皮脂の分泌を抑える働きをします。

 

10代や20代ではニキビ予防にも効果があり、アクネ菌による肌の炎症を抑える働きがあります。ビタミンCは体に与える好影響が多く、肌の調子を整えるだけではなく血管を丈夫にしたりホルモンバランスを正常にしたり様々な用途で使われています。

 

その中でも肌に与える影響は大きく、特にシワの予防や改善にはとても役立ちます。ビタミンCは繊維芽細胞に働きかけ、新しいコラーゲンを作るのに役立ちます。ビタミンC誘導体が配合されている化粧品は、シワ予防には最適です。

 

化粧水だと水溶性ビタミンC、美容液やクリームだと油溶性ビタミンC、乳液だと親溶性ビタミンCが使われている事が多いです。

しわ対策エイジングケア化粧品の選び方

しわ対策,エイジングケア,効果的,有効成分,化粧品,選び方

 

シワ対策の化粧品の選び方は、シワの種類によって異なります。小じわの場合は、肌の乾燥が原因で出来るので保湿を中心に行っていきます。保湿はただ保湿成分を補う事で小じわ対策が出来るのではなく、バリア機能とターンオーバーを正常化させる事を意識してエイジングケアを行うのが大切です。

 

選び方は水分を吸着して保湿をする成分として、グリセリンやアミノ酸等が配合されているものを選びます。水分を抱え込んで保湿する成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲン等です。水分を挟み込んで保湿をする成分は、セラミドやスフィンゴ脂質です。

 

水分を油膜で閉じ込める成分は、シアバターやスクワラン等です。これらの中で1番バリア機能とターンオーバーの正常化をしていくれるのが、セラミドです。セラミドは化粧水よりも、美容液や保湿クリームに多く配合されている方が高濃度です。

 

このため、小じわにはセラミドが配合されている化粧品を選ぶようにします。セラミドが配合されている化粧品には他の成分も配合されている事が多く、コラーゲンやヒアルロン酸も保湿成分の選択肢になります。シアバターやスクワラン等は水分の蒸発を防ぐので、これらが入った保湿クリームも有効的です。

ターンオーバーとは

しわ対策,エイジングケア,効果的,有効成分,化粧品,選び方

 

ターンオーバーとは肌の新陳代謝、いわゆる肌が生まれ変わる事を言い、皮膚は表皮と真皮と皮下組織から成り立っています。更に表皮には一番外側から基底層で有棘層で顆粒層で角質層と4層構造になっていて、基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げていきます。

 

無核となり死んだ状態で角化細胞となり、この細胞は新しい細胞に押し上げられ表面まで上がってきます。最後は垢になって自然に剥がれ落ちていき、このサイクルがターンオーバーです。このように表皮は絶えず入れ替わっているので、表皮に傷が付いてもかさぶたになって剥がれ落ちて綺麗な肌に生まれ変わります。

 

ターンオーバーの速度は体の部位によって異なり、28から56日程度になっています。基底層から顆粒層までが14から42日で、角質細胞となり剥がれ落ちるまでには14日かかります。ターンオーバーの周期には個人差があり、年齢と共に新陳代謝が低下していき30から40代になると45日程度はかかります。

 

年齢と共に少しの傷でも、治りにくくなるのです。肌がくすんだりシミが増えたり濃くなったりしたら、ターンオーバーの機能が低下しているサインです。見逃さないで、対処をしていきましょう。

珠肌ランシェルオールインワンジェルの通販購入はこちら!トップページへ顔が全体的に垂れてきた方、シワを改善したい方はトップページの珠肌ランシェルオールインワンゲルの詳細も確認してみてください。